企業情報 Corpodate Profile

沿革 History

概   要
昭和48年 1月 現在地において、支払資本金1,000万円にて設立
  4月 高城町の誘致企業となる
  9月 操業開始
昭和50年 9月 飼料用油脂の製造を始める
昭和52年 7月 2,000万円に増資
昭和53年 5月 発酵肥料試験製造を始める
昭和54年 3月 魚粉の製造を始める
  4月 連続式フェザーミール製造装置国産1号機導入
昭和55年 8月 牛豚皮の塩漬加工を全農から受託して操業を始める
  11月 3,000万円に増資
昭和56年 8月 ペットフード用原料ミールの製造を始める
昭和57年 1月 肥料の自動計量袋詰装置を設置
  4月 連続攪拌発酵肥料製造装置を設置
昭和61年 3月 9,000万円に増資
    鶏ふんを燃料とする固形燃料ボイラー設置
  4月 湿式法による飼料製造装置導入
平成2年 10月 ペットフードの研究開発を始める
平成3年 10月 事務所新築
平成4年 4月 ペットフード製造棟完成
  9月 原皮倉庫完成
  11月 飼料生原料の自動搬送装置完成
平成5年 1月 ミートボーンミール配合混合機設置
平成7年 5月 宮崎県食品残渣処理協同組合設立
  9月 肥料第一工場完成
  環境保全型畜産確立対策事業を特認団体として着手
平成9年 10月 南九州動物油脂タンク利用協同組合設立
平成10年 5月 事務所三階建てに増築
9月 ペットフード第二工場完成
平成11年 5月 国有林払い下げ 造成工事着手
平成12年 3月 肥料第二工場完成
平成13年 3月 超音波汚水処理施設導入
9月 牛処理施設完成
10月 宮崎県畜産残渣処理協同組合設立
11月 11,100万円に増資
平成14年 3月 超音波汚水処理施設完成
鶏ふん発電ボイラー完成
平成15年 3月 BSEフリー肉骨粉供給施設整備事業による乾式設備完成(南九州畜産残渣処理協同組合)
平成16年 12月 ペットフード工場増設
平成18年 6月 スプレードライ工場完成
12月 食用油脂工場完成
平成21年 3月 豚鶏混合肉骨粉製造ライン新設
4月 魚粉製造設備更新
6月 リキッドフィード製造設備新設
平成22年 1月 FYC、南国興産グループの純粋持株会社として、株式会社 創循ホールディングスを設立
4月 南国興産 北部営業所の営業開始
平成24年 3月 第二畜ふん発電ボイラー完成
平成26年 4月 株式会社シービーフーズを南国興産株式会社へ統合
平成27年 4月 有限会社日向ひまわりファームを南国興産株式会社へ統合